氷上美*宇野昌磨選手のことよ

フィギュアスケートの宇野昌磨選手について、ゆるゆると語ります

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017 チーム日本優勝

日本チームは3大会ぶり、2度目の優勝。
祭りだワッショイのお気楽な大会かと思いきや、自己ベスト更新選手続出。シーズン最終戦で結果を残し、オリンピックシーズンにつなげたい。そんな気迫のこもった大会でした。

競技結果

1位 チーム日本(109P)
2位 チームロシア(105P)
3位 チームアメリカ(97P)
4位 チームカナダ(87P)
5位 チーム中国(80P)
6位 チームフランス(62P)

■日本チーム獲得ポイント
宇野昌磨 SP:12P(1位) FS:11P(2位)
羽生結弦 SP:6P(7位) FS:12P(1位)
三原舞依 SP:10P(3位) FS:11P(2位)
樋口新葉 SP:8P(5位) FS:10P(3位)
須藤澄玲&フランシス・オデ SP:7P(6位) FS:7P(6位)
村元哉中&クリス・リード SP:8P(5位) FS:7P(6位)

リザルト(結果)

優勝のかかる緊迫した場面で、三原選手、樋口選手そろって自己ベスト。なんというメンタルの強さ。男前やわぁ。
前日までの、うつらうつらしかけていた、おめめをパッチリさせてくれました。

宇野選手のショートジャンプ構成、演技

・4F(GEO:1.71)こらえ
・4T+2T(GEO:-0.03)
・3A(GEO:3.00)

◆技術点:56.79 構成点:46.74 合計:103.53

SPプロトコル(採点表)

3A満点すばらしい。
スリーターンからのコンボより、こらえたフリップの出来栄えが高いのはなぜ?
3Tが2Tになったのは逃げ。逃げはメンタルの弱さ。弱さを知ってはじめて強くなれるもの。何事も経験ですね。
ジャンプに力を集中させているし、過密スケジュールだし、疲れもたまっているし、わかっちゃいるけど言わせて。最後のスピン、手抜きしすぎ。

宇野選手のフリージャンプ構成、演技

・4Lo(GEO:2.29)
・4F(GEO:-1.54)両足着氷?
・3Lze e (GEO:-0.70)間違った踏み切り
・3A+3T (GEO:2.86)
・4F<<+REP (GEO:-2.10)転倒 
・4T(GEO:1.00) こらえ
・3A+1Lo+3F(GEO:2.29)
・3S(GEO:1.50)

◆技術点:106.71 構成点:92.78 減点:1.00 合計:198.49

FSプロトコル(採点表)

ループと3連続、バッチリ決まりました。
昨年のショーで成功させたことのある、後半フリップはうまくいきませんでしたが、悔いが残るよりはいいです。世界選手権ではいい感じだった、ラストスピン前のくるくるくるは不発。

応援席はお祭り騒ぎ

女子フリーの応援席、マシンガントークの暴れん坊将軍お方がとなりにいたので助かりました。せんきゅー。

花かんむり姿のかわいらしいこと。まるで乙女のよう。
こんなにかわいいしょうの字も、あっという間におっさんになるのね。そう思うとさみしいわ~
でも本当に興味があるのは、おっさんになった時の演技です。

シーズン終了

いろいろあった2016-2017シーズンも、無事終わりました。
前季よりもさらに長く感じられるシーズンでしたが、終わってみると寂しいものですね。
浅田真央選手、村上佳菜子選手の引退も寂しい限り。

気が向けば、今季の感想なんぞを書きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ